弁護士になるには、どんな勉強が必要か

弁護士になるにはどんな道を進むべき?
大学受験を控える方でもう将来の夢が決まっていないために進路に悩む方も多いはずです。そんな選択肢の中から弁護士という職業はどうなのでしょうか。頭がよくないといけない、良い大学を出ないとなれないといったイメージがありますが実際のところばどうなのでしょうか。
弁護士になるにあたって実は出身大学はそれほど関係ありません。ですが法科大学院を選ぶ際にはきちんとした選択をしなければなりません。弁護士になるための職業訓練学校のようなものを選ぶには上位の大学院を選んだ方が良いでしょう。それは在学中におけるスキルの強化に繋がるからです。
また、そんな大学を万が一選ばずに弁護士になりまいと思った方はそんな学歴に打ち勝つような何かのスキルを得なければなりません。例えば、英語や簿記やプロミングなどの社会的に役立つスキルが望ましいでしょう。
ですがやはり上位の法科大学院ではそのようなスキルも踏まえてのまなびになってしまうために確実なのはやはり大学院進学でしょう。
そういうわけで弁護士を目指したい方は大学自体はどんなレベルであれ最終的に弁護士になるためのスキルを専門的に勉強できる法科大学院に入ることが最も手っ取り早く効率的なのではないでしょうか。